目指せ独立!

独立しやすい職業と仕事「ライター」

独立するならどの仕事?

NEW

FEATURE

SEOに対応できるライター

SEOに対応できるライター

「見つけてもらえる記事」を書く努力が必要

Pocket

Webライターの仕事

スキマ時間にスマートフォンでニュースをチェックしたり、最新のトレンド情報をチェックしたりと、Webサイトの記事を読まない日はないという人も多いのではないでしょうか。新聞や雑誌などの紙媒体は、次の号が出るまでにじっくりと読み込むことができますが、ニュースサイトなどを見ると新しいニュース記事がどんどん入れ替わるので、次にサイトを見た時にはまた新しい情報に接することになります。そんなWeb記事を書いているのが「Webライター」です。
Webライターとは、ニュースやコラム、お役立ち記事や商品説明など、Webコンテンツを作成する仕事で、パソコン一台あればすぐに始められる独立しやすい職業と言えるかもしれませんね。紙媒体のライターに比べるとWebライターは入り口のハードルが低くなっているので、初心者がチャレンジしやすいのも魅力的。Webライターになるための資格なども特にないので、文章を読んだり書いたりすることが得意な人なら活躍できるチャンスは十分にあります。ただし、Webライターになるのが簡単だからといって仕事が簡単というわけではなく、覚えなければならないことや工夫しなければならないことがたくさんあるのです。

SEOの知識はWebライターにとっての生命線

紙媒体のライターには必要なくてWebライターには絶対的に必要な知識といえば「SEO(検索エンジン最適化)」です。インターネットで知りたいことを検索する時のことをちょっと考えてみましょう。調べたいことに関するキーワードを入力して検索すると、それに関する情報がズラリと出てくるはずです。そこでまず選択するのは上のほうのサイトではないでしょうか。つまり、検索して上位に表示されなければサイトを開いてもらうことすらできないということなんです。そこで重要になるのがSEOです。記事の中にキーワードを多く盛り込むことや、良質でボリュームのある文章であることなど、上位に表示されるための条件がいくつかあるので、Webライターはただ無意識にテーマに関する文章を書くのではなく、検索結果が上位になる文章を考えて書く必要があるということなのです。

稼ぐWebライターはやっぱり「技術力」

インターネットで情報を探していると、いい記事だと思えるものもあれば、誤字脱字が多くて文章構成もイマイチ・・という記事に出会うこともしばしば。実際、少し前までは「Webライティングは質よりテクニック」で、文章の構成や表現、わかりやすさなどより「上位表示されればいい」という風潮があったことは確かですし、今もそうしてコンテンツを作成しているところもあるでしょう。でも今はWebコンテンツにも質が求められるようになってきています。SEOを意識した文章を書くということは変わりませんが、文章の構成力、調査力、語彙力、表現力を駆使して、読み手が求めている情報をいかに提供できるかが、稼げるWebライターになれるかそうでないかの決め手になるんですよ。

独立に役立つ記事