目指せ独立!

独立しやすい仕事とフリーランス人口の増加について

独立するならどの仕事?

NEW

FEATURE

フリーランス人口の増加

フリーランス人口の増加

「フリーランスになりたい!」と思っている人は大勢いる

Pocket

当サイトについて

多様化する働き方の中でも近年特に注目を集めているのがフリーランスで、日本では「個人事業主」とも呼ばれてきた働き方です!「雇用されているほうが安心」という価値観の中、独立する人は勇気のある人とも言われたものですが、最近はフリーランスとしての道を選ぶ人も増えてきているようですね。このサイトは、これから独立を目指す人におすすめの情報などをご紹介するものなんです。ぜひこれらを役立てて独立を成功させてくださいね。

【お問い合わせはこちらです!】

日本人の10人に1人はフリーランス!?

アメリカではなんと人口の3人に1人がフリーランス。日本ではちょっと考えられない数字ですね。でも、そんな日本のフリーランスも今や10人に1人にまで増えたというから驚きです。フリーランスが増えた理由のひとつには、フリーランスが仕事を探しやすくなったことがあるかもしれません。クラウドソーシングに登録すれば、実名なしでも簡単にフリーランスの仕事を受けることができるのが今の時代。発注される仕事の多くはIT系のものが多く、デザインやアプリケーション開発、Webライティングなど、パソコンと通信環境があれば完結できる仕事が中心ですね。仕事をしているのは会社員、主婦、学生、シニアなど幅広い層で、本業としている人もいれば副業としてお小遣い稼ぎをしている人もいますよ。

フリーランスになりたい理由

フリーランスという生き方を選ぶ理由にはいろいろなものがありますが、自分のペースで働くことができるのは大きな魅力かもしれません。育児や介護など、外に出て働くことが難しい人でも自宅で作業ができるなら、スキルを生かして働きたい人も大勢います。人間関係の面倒なしがらみから解放されたい人、独立したほうが稼げる人など、様々な環境要因が雇用という枠組みの中で働くことを難しくしてしまい、結果的に多様な働き方を求めると考えることもできますね。
いずれにしても「フリーランスは自由」が一番のインパクトなのかもしれません。誰でも自由は欲しいですが、失敗したらどうしようと独立するのが怖くなってしまうものです。人間関係が面倒なのに営業なんてとんでもない!という人もいるかもしれませんね。それにもかかわらず今フリーランスが増えているというのはどうしてなのでしょうか。

フリーランスの仕事は今後さらに増加する

良い人材が欲しくても思ったように人材が集まらない企業、雇用にコストをかけずに業務の質を上げたい企業などは、「多様な働き方を求めている優秀な人材」に期待しています。フリーランスが増えるにつれ、求めている能力を発揮してくれるなら雇用形態にこだわらないという企業が着実に増えているのです。クラウドソーシングやエージェントの市場もどんどん伸びているので、フリーランスにとってはかつてない追い風が吹いている状況なのかもしれません。

独立に役立つ記事