目指せ独立!

独立のアドバイス!「ライターはストック型ビジネスで稼ぐ」

独立するならどの仕事?

NEW

FEATURE

ライターならストック型ビジネスを目標に

ライターならストック型ビジネスを目標に

これでライターとして独立する!

Pocket

意外とみんなやってる?

紙媒体が主流の時代のライターは敷居が高いイメージでしたが、Webライターはとても身近な職業ですね。膨大なコンテンツが日々更新され続けているということは、それだけ数多くのライターが存在するということですよね。一体どんな人がライターなのかと思うかもしれませんが、本業を持っている人や主婦、学生がお小遣い稼ぎにライティングをしているということも多いので「実は人知れずWebコンテンツ書いてます」なんていう人がすぐそばにいるかもしれませんね。副業ライターなら気楽ですが、ライターを本業としていくつもりなら「稼ぎ方」が大事です。そこで、とっておきの方法をアドバイスするのでぜひ参考にしてみてくださいね!

ライターの稼ぎ方

Webライターとして稼ぐ方法は2つ。
クラウドソーシングで仕事を受注し、書いた記事の分だけ報酬を受け取るという方法がまず1つ。1記事数百円から数千円、多いと万単位の仕事があります。文字数が少なくて誰でも書ける単純な内容は単価が低いですが、専門性が必要なものや文字数が多いものなど難易度の高いもの、時間のかかるものは高単価になる場合もあるんです。ライティングの単価はかなりばらつきがあるので、ある程度スキルアップしてきたら仕事を厳選しながらステップアップしていかないと、いつまでたっても稼げないままなので注意が必要ですよ。
そして、もう1つの稼ぎ方がストック型ビジネスです。売り切りの記事を書くのではなく、書いた記事がずっと利益を出し続けるという方法です。ブログのアフィリエイトもストック型ビジネスのひとつ。コンテンツを作り続けていけばそれがそのまま「資産」になるというわけです。人気ブログになってくると、ライターとしてスカウトされることもありますし、ライター求人に応募する時のPR材料にもなりますよ。

「Shinobiライティング」でスキルアップ

クラウドソーシングで受注するライターの仕事は、「書きたい」「書ける」と思った記事で稼げるところがビギナーには嬉しいところ。文章は書けば書くほど上達していくので、まずはとにかく「ひたすら文章を書く」ということに尽きますね。そこでおすすめなのが「Shinobiライティング」です!

ライターとして独立するならこちら

ライターが書いた記事が審査を経て採用されればポイントとして報酬を受け取るシステムなので、採用を目指して文章を書いていくうちに自然と文章力が鍛えられます!

継続的に報酬がもらえる「PVモンスター」 ストック型ビジネスがいいのはわかっていても、自分でWebサイトを作って運営するというのはなかなか難しいものですよね。そんな人にピッタリなのが「PVモンスター」です!

ライターとして独立するならこちら

ライターが作成したコンテンツの閲覧数に応じた報酬がもらえるので、安定的に読まれるコンテンツを作ることができれば継続的に報酬を受け取ることができます!

独立に役立つ記事