目指せ独立!

独立のアドバイス!「デザイナーはポートフォリオサイトが重要」

独立するならどの仕事?

NEW

FEATURE

デザイナーはポートフォリオサイトに重点を

デザイナーはポートフォリオサイトに重点を

百聞は一見に如かず!

Pocket

Webデザイナーがまずやるべきこと

Webデザイナーを名乗って仕事をしていくのであれば、まずは何よりも先にポートフォリオサイトを作りましょう。少々の時間をかけてでも最初にしっかりサイトを作り込んでおけば、あとはそれをPRの材料にするだけです。ポートフォリオサイトで手を抜いてしまうと、それが自分のスキルとして相手に伝わってしまうので、知恵と力の限りを尽くして一生懸命作成しましょう!

ポートフォリオの作り方と仕事の取り方

ポートフォリオ作りにはWebサイトを簡単に作成できるサービスなどを活用することができます。テンプレートをカスタムしてオリジナル風にするという方法もアリですが、時間が許すなら1からサイトを構築したほうがPR力は高くなりますね。ポートフォリオをできるだけ見栄えの良いものにすることは大事ですが、既存のサービスに頼りすぎてしまうと肝心のオーダーに応えられないということにもなりかねないので「自分のスキルをアピールする」という目的から逸れてしまわないよう気をつけたいですね。
余裕があれば、いろんなバリエーションを作っておくと、クライアントのターゲットをより広げることができるかもしれません。デザイナーの仕事を自分の足で探しに行くのはほぼ困難なので、デザイナーを探している人が集まる「案件サイト」を活用しましょう。そうすれば、一生懸命作成したポートフォリオをより多くのクライアントに見てもらうことができますね。

「コンテンツパーク」でデザイナーデビュー

Webデザインの仕事を探すなら「コンテンツパーク」を活用してみましょう。次々に新着の案件が更新されているので案件探しには苦労しません。報酬はクライアントさんから先に仮払いしてもらっているので未払いになることはありません。安心して仕事に取り組めます!

デザイナーとして独立するならこちら

会員登録すればすぐに活動できるので、デザイナーとしての実績作りにもおすすめです!

さらに上を目指すなら「3スタ」

本格的にWebデザインの仕事がしたいなら、「3スタ」に相談してみましょう。新規登録してから最短1週間で面談まで行けることもありますのでおすすめです!地方からの上京を応援する「東京進出SKYPE窓口」もあるので地方在住のWebデザイナーさんも安心ですね。

デザイナーとして独立するならこちら

最短1週間から1年以上の長期案件までさまざま用意されているので、自分の働きやすい案件が選べます!

独立に役立つ記事